胃・十二指腸の病気

胃・十二指腸の病気について

胃と十二指腸は消化管の一部で、食べ物を消化して小腸へと引き渡す働きをしています。胃と十二指腸の病気には慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などがありますので、代表的なものをご紹介していきます。

慢性胃炎

「慢性胃炎」とは、胃が長期に渡って慢性的に炎症を起こすことで胃粘膜が次第に委縮していく病気です。その原因のほとんどは、ピロリ菌の感染であることが比較的最近判明しています。
胃粘膜の萎縮によって本来の胃の働きが妨げられる結果、胃もたれ、胸やけ、膨満感、食欲不振といった症状が現れますが、症状は萎縮の程度と必ずしも一致しないため、内視鏡検査で実際に胃の中を観察して、慢性胃炎かどうかを鑑別します。
慢性胃炎と診断されたら、胃粘膜の状態に応じた薬を処方することで治療を進めます。また、ピロリ菌の検査も行い、感染が確認された場合は除菌治療を行います。

 

 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」は、主にピロリ菌の感染やストレスなどが原因で胃や十二指腸の粘膜が弱り、胃酸によって傷つけられることで起きる病気です。また、最近では解熱鎮痛薬(NSAIDs)の服用が原因になる場合があることもわかってきています。
症状は人によって異なりますが、上腹部やみぞおちの痛み、胸やけ、膨満感、食欲不振といった症状が現れる他、潰瘍部分が出血すると吐血や下血、黒い便(タール便)が出るなどの症状が現れることもあります。
通常は内視鏡検査や消化管造影検査(バリウム検査)で潰瘍の状態を確認した上で、胃酸の分泌を抑えて粘膜を修復する薬などを処方することで治療を進めます。また、ピロリ菌の検査も行い、感染が確認された場合は除菌治療を行います。

 

 

胃がん・十二指腸がん

「胃がん」「十二指腸がん」とは胃または十二指腸にできた悪性の腫瘍のことで、胃または十二指腸の粘膜内の細胞が何らかの原因でがん細胞に変化することで発生します。2012年の厚生労働省の統計によると、日本における部位ごとのがん罹患数の中でも胃がんにかかった方の数は男女あわせて2位とたいへん多くを占めています。一方で、十二指腸がんは発症率がきわめて少ないことで知られています。
どちらのがんも発症の初期段階では自覚症状がほとんどなく、上腹部の痛みや膨満感、食欲不振といった胃潰瘍・十二指腸潰瘍などにも似た症状を覚えたことをきっかけに検査を受けて、初めて発見されるケースも少なくありません。したがって、早期の段階で発見するためには定期的な検診を怠らないことが大切になります。また、ピロリ菌の感染が胃がんにかかるリスクを高めるといわれています。そのため、ピロリ菌の検査を行い、感染が確認された場合は除菌治療を行うことも重要です。
その上で、内視鏡検査や消化管造影検査でがんが発見されたら、CT検査(Computed Tomography/コンピュータ断層撮影検査)などによってがんの状態を調べ、その進行度に合わせて治療を進めていくことになります。

胃ポリープ

「胃ポリープ」とは、胃の粘膜の一部が隆起してできたイボのようなできもののことをいいます。
そのほとんどは無症状なので、多くの場合は健診などで偶然発見されます。また、がんになる心配のない良性のものがほとんどで、良性であればそのまま取り除かずに経過観察するだけでもまず問題はありません。
ただし、まれに出血の原因となるものやがん化のリスクがあるもの、がんとの鑑別が難しいものもあります。そのようなケースでは、内視鏡で採取したポリープの一部を顕微鏡で観察したり(生検)、ポリープ全体を切除するといった検査や治療が施されることがあります。

 

 

 

胃粘膜下腫瘍

「胃粘膜下腫瘍」とは、その名の通り、胃の粘膜よりも下の深い層に発生する腫瘍のことをいいます。腫瘍が小さい状態ではほとんどが無症状なので、多くの場合は健診などで偶然発見されます。また、粘膜の下にあるので、腫瘍の大きさによっては超音波内視鏡検査をはじめとする各種検査を駆使しないと確定的な診断が行えない場合もあります。
この腫瘍は良性と悪性どちらの可能性もあり、良性とみなされると一般的には経過観察へと移行しますが、その後に腫瘍の大きさや形態に変化が見られた場合は、悪性の場合と同様の生検や切除といった検査や治療が施されることがあります。

 

 

 

 

急性胃粘膜病変

「急性胃粘膜病変(AGML/Acute Gastric Mucosal Lesion)」とは、胃の粘膜にびらんや潰瘍、出血などが認められる急性胃炎や急性胃潰瘍の総称で、突如として激しい上腹部やみぞおちの痛み、吐き気、嘔吐、吐血といった症状が強く引き起こされるのが特徴です。
原因はアルコールや刺激物の摂取過多、精神的または肉体的ストレス、解熱鎮痛薬など薬剤の服用、アニサキスなど寄生虫の感染などさまざまですが、最近ではピロリ菌の感染との関連性も指摘されています。
内視鏡検査で胃の中を観察することで診断が下され、原因が特定できた場合はそれを取り除きます。その上で粘膜の状態が軽症なら、多くの場合は胃酸の分泌を抑えて粘膜を修復する薬などの服用と経過観察だけで済みますが、重症なら入院しての治療が必要になる場合もあります。
発症からの悪化は急激ですが、適切な治療を受ければ回復も比較的早い病気といえます。

予約・お問い合わせ
一番上に戻る
当院の口コミを見る当院の口コミを書く