診療科目

胃腸内科

胃腸内科では、胃痛・胃もたれ・胃食道逆流症・ピロリ菌感染・胃十二指腸潰瘍・便秘・下痢・血便といった胃腸症状に対して、診察や画像検査(胃または大腸内視鏡検査、超音波検査)・血液検査・お薬の処方などを行っています。

上部・下部消化管内視鏡検査

診察で必要と判断された場合の他、職場健診や自治体のがん検診で精密検査が必要とされた場合などに、内視鏡検査を行っています。食道・胃・十二指腸などをみる上部消化管内視鏡検査、大腸をみる下部消化管内視鏡検査のどちらも受けられます。
検査中、必要な際には、病変部位から一部組織を採取し、顕微鏡で詳しく診断する生検を追加することがあります。
また、事前に承諾をいただいた上で、検査中にみつけた大腸ポリープをその場で切除しています。
導入している内視鏡機器は従来のものより苦痛を大幅に軽減できますので、楽に検査を受けていただくことができます。なお、経鼻内視鏡検査では、細いスコープを鼻から挿入することで、嘔吐感を軽減することが可能です。また、鎮静剤を使用することにより、さらに負担なく検査を受けることもできます。

肛門外科

お尻の痛みやかゆみ、出血、脱肛、違和感などに対する治療を行ないます。痔核、裂肛、痔瘻といった痔疾患だけでなく、肛門周囲の皮膚炎なども診察しています。肛門の診察を受けることに抵抗があり、受診をためらっている方もいらっしゃると思いますが、肛門からの出血といった症状を単なる痔と考えて放置するのは危険です。大腸などに重大な病気が隠れていて起こっている症状の可能性もあります。肛門外科ですが、できるだけ切らない治療を行っていますので、安心してご相談ください。また治療では、「ジオン注射・ALTA(アルタ)療法」も用いるなど、痛みのほ少ない治療を心がけています。

便秘外来

便秘とは

「便秘」とは、便が非常に長い時間腸内に留まって正常に排泄されない状態をいいます。明確な定義はなく、一般的には3日以上排便がない場合は便秘だとされますが、毎日排便があっても残便感があってすっきりしなかったり、便が硬くて排便のたびに苦痛を感じるといった症状がある場合も便秘であるとされています。
女性では、半数以上の方に便秘の自覚症状があることがわかっています。また、男女とも加齢にともなう腸の機能低下などが原因となって、60歳を超えると自覚症状を感じる方が増えていく傾向があります。

便秘の原因

便秘には大きく分けて「機能性便秘」と「器質性便秘」の2タイプがあり、それぞれに原因が異なります。
機能性便秘は病気に由来するものではなく、腸をはじめとする消化器官の機能低下によって起きるもので、一般的に便秘と呼ばれているのはこのタイプがほとんどです。生活習慣の変化、ストレス、自律神経の乱れなどさまざまな原因で起きますが、直接にはこうした原因によって腸内環境を司る腸内細菌のバランスが乱れ、結果として便秘の症状が現れるのです。腸内環境の乱れの慢性化は深刻な病気の原因になる可能性もあるといわれていますが、逆に腸内環境を整えることが便秘の解消だけでなく、美容などにも良い効果を発揮するといわれています。
一方で器質性便秘は、胃や腸、肛門などに生じた疾患によって排便経路が塞がるなどして起きる便秘です。腹膜炎や腸閉塞、潰瘍性大腸炎など原因疾患はさまざまありますが、中でも最も重大な疾患といえるのが大腸がんです。発症の早期には自覚症状がないことが多いため、ただの便秘だと思って調べてみたら大腸がんが見つかったというケースもしばしばあり、注意が必要です。

便秘の検査・治療

最初に問診で排便の頻度や症状といった現在の状態などを伺って、便秘の原因を診察していきます。その上で必要と判断された場合には、レントゲン撮影や内視鏡検査などを行って、大腸がんをはじめとする重大な病気が原因になっていないかなどを確認します。
重大な病気がない場合には、さまざまある便秘用の薬の中から患者様ごとの症状に合ったものを処方することで治療を進めます。同時に、患者様におかれましては生活習慣の乱れを整えるよう努めていただくことが大切になります。

予防接種

インフルエンザとは

「インフルエンザ」とは、インフルエンザウイルスに感染することで起きる急性感染症です。感染すると、38度以上の高熱や頭痛、関節痛、だるさといった全身の症状が強く現れます。同時に風邪と同じような喉の痛み、せき、鼻水といった症状が見られる場合もあります。
また、特にご高齢の方や慢性疾患をお持ちの方の場合は気管支炎や肺炎を併発しやすく、小さなお子様の場合は中耳炎や、まれではあるものの脳症を併発することがあるなど、合併症で重症化するケースについても注意が必要な病気といえるでしょう。

インフルエンザワクチンの接種で予防

インフルエンザワクチンを流行前に接種しておくと、インフルエンザの予防に効果が期待できます。
なお、インフルエンザウイルスにはいくつかの型があり、毎年どの型が流行するかはわかりません。さらに、同じ型でも常にウイルスの構造に変異が生じているので、予防のためにはそのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせて作られたワクチンを毎年接種する必要があります。

インフルエンザワクチンの接種時期

インフルエンザワクチンを接種してから体内に抗体が作られるまでには、およそ2週間かかるので、流行期に入る前に接種しておくことが大切です。また、その効果は約5ヶ月間持続するといわれています。例年12月下旬~翌3月頃が流行期なので、逆算して毎年11月~12月中旬頃に予防接種を受けておくのが適切といえるでしょう。
※2015年以降、インフルエンザワクチンは4種類(A型2種類、B型2種類)が混合した「4価ワクチン」になりました。

肺炎球菌ワクチンとは

肺炎とは

「肺炎」とは、主に細菌やウイルスといった病原体が肺に感染することで起きる肺の炎症です。何らかの原因で免疫力が落ちている時などに、健康な状態であれば排除されたはずの病原体が排除されず、身体のさまざまな部分に感染症を引き起こす原因となることがあります。
特に肺炎においては、呼吸の時に酸素と二酸化炭素のガスを交換する役割を持つ肺胞という組織に病原体が感染することで起こります。肺胞によるガスの交換に障害が起きることで息が切れ、胸の苦しさを感じる他、38度以上の高熱や激しい咳、痰といった風邪に似た症状も現れます。ただし、ご高齢の方にはこうした症状がはっきりと現れない場合もあります。
2015年の厚生労働省の統計によると、肺炎は日本人の死亡原因の第3位で、特に肺炎で亡くなる方のほとんどがご高齢の方となっています。また、ご高齢の方とともに慢性疾患をお持ちの方などにとっても、かかりやすく治りにくい傾向がある病気として注意が必要です。

肺炎球菌ワクチンの接種で予防

肺炎球菌ワクチンをあらかじめ接種しておくと、肺炎の予防に効果が期待できます。
肺炎の原因として最も多い病原体が「肺炎球菌」で、成人以上の方がかかる肺炎の20~40%を占めています。肺炎球菌ワクチンを接種しておくことで、肺炎球菌による肺炎や他の部位への感染症にかかりにくくなったり、かかっても重症化しにくくなる効果が期待できます。
※ただし、全ての肺炎に対して予防効果を持つものではありません。

5年以上の間隔を空けて接種

肺炎球菌ワクチンの接種は、季節などに関係なく1年を通していつでも受けることができます。ただし、過去に接種したことのある方が前回から5年以内に再度接種を受けた場合、副反応として注射部位の痛みなどが強く出てしまうことがあります。したがって、再接種をご希望の際には、必ず前回から5年以上が経過した後に受けるようにしてください。そのために、接種を受けた年月日をメモなどに残しておくこともおすすめします。
また、通常の接種の副反応としても注射部位が赤くなる、熱を持つ、痛みやかゆみを感じる、腫れるといったことが起きることはありますが、ほとんどの場合1~3日で自然に治まります。この他、接種後に体調の変化を感じるなど気になることが起きた場合は、すみやかに接種医までご相談ください。

インフルエンザワクチンとの併用接種

インフルエンザにかかると、免疫力の低下などから肺炎を併発しやすくなります。その原因となる病原体で最も多いのが肺炎球菌です。したがって、肺炎の予防をより徹底するためには肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンも併せて接種することが大切です。

成人用肺炎球菌ワクチンの接種が奨められる人

成人の中でも特にご高齢の方や慢性疾患をお持ちの方などは、加齢や病気のせいで免疫力が低下していることが多く、肺炎球菌による感染症にかかりやすいだけでなく、かかった場合に重症化する可能性も高くなるので、肺炎球菌ワクチンによる予防が推奨されています。そのような方も含め、主に以下のような方に接種をおすすめしています。

  • 65歳以上の方
  • 養護老人ホームや長期療養施設などに居住されている方
  • 慢性心不全などの心疾患、COPDなどの呼吸器疾患、肝炎などの肝疾患、腎不全などの腎疾患、糖尿病といった慢性疾患をお持ちの方

など

※成人用肺炎球菌ワクチンは、主に65歳以上の高齢者の方を対象として、各自治体が法律に基づいて実施する「定期接種」に指定されています。定期接種の対象となる方は生年月日によって毎年異なりますが、ご自分の対象期間内に各自治体の契約医療機関や保健所で接種した場合、公費による助成を受けることができます。詳しくはお住まいの自治体までお問い合わせください。

特定健診

特定健診市川市の特定健康診査とそれに準ずる健康診査

これは、メタボリックシンドロームの予防、早期発見のための健康診査です。受診して生活習慣を改善する必要性があると判断された場合、特定保健指導を受けられます。
この特定健康診査は、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づいており、国民健康保険・職場の医療保険等の医療保険者が「特定健康診査(通称:特定健診)」と「特定保健指導」を平成20年度より実施しています。

対象者

市川市国民健康保険被保険者で、40歳~74歳の方
75歳以上の方、または一定の障害のある65歳以上の方で、千葉県の後期高齢者医療被保険者
※上記以外の方は、加入されている社会保険や国民健康保険組合にご確認ください。

検査項目

必須検査項目

一般検査、尿検査、ヘモグロビンA1c、貧血検査

医師の判断により実施する検査項目

心電図、眼底検査

受診方法

指定医療機関で個別健診を受けられます。
※詳細は、「市川市」のホームページをご覧ください。市川市の特定健康診査(準ずる健康診査)の箇所

http://www.city.ichikawa.lg.jp/pub04/1111000001.html

予約・お問い合わせ
一番上に戻る
当院の口コミを見る当院の口コミを書く